【プラグイン紹介】ツリー型のスキル習得システム

注*この記事のスキルツリーシステムはバージョン1.6.2に準拠します。以降以前のバージョンではこの記事の通りに設定しても動作しない可能性がありますのでご了承ください。

本日はフトコロさんが公開しているプラグインの一つ「スキルツリープラグイン」の紹介をしたいと思います。

プラグインってなんやねん

ツクールMVに触れていない人は「プラグインって何?」と思うかもしれませんね。
ブロガーさんに向けて言えば、ワードプレスの子テーマみたいなもんです。
大本の機能を直接いじるのではなく、大本の機能にシステムを追加していくのがプラグインですね。
ブラウザで言うならアドオンとかですかね~。
まあ機能を追加する機能って感じですw

スキルツリープラグインって何やねん

スキルツリープラグインとは何か?
口で説明するより実際に画像を見た方が早いでしょう。
http://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?f=5&t=3201
こちらでプラグイン導入後のゲーム画像が公開されています。
僕が現在作っているゲームの画面を出せればよかったのですが、まだ未完成なのでプラグイン制作者さんが公開している掲示板へのリンクを張っておきますね。
要するにドラクエとかでもあるスキルを自分で取ってくシステムです。

どうやって導入すんねん

次は導入方法ですね。
これも掲示板を参照してもらうと丁寧に解説してくれてるのでわかると思いますが……掲示板ゆえにちょっと情報が整理されていないため、僕がごく簡単に説明してみます。

1.掲示板から「FTKR_SkillTreeSystem.js」をダウンロードする
2.制作中のプロジェクトにプラグインをインストール
3.データベースの「タイプ」にある「武器タイプ」に「スキルツリー」という項目を新たに用意する
4.データベースの「武器」に「スキルツリー大本」という項目を新たに用意すし、「武器タイプ」を「スキルツリー」にする
5.データベースの「スキル」に「親スキル」という項目を新たに用意
6.データベースの「アクター」で任意のアクターを選び、メモ欄に「<Set Sts Data>treetype: x </Set Sts Data>」と書く
7.xを「スキルツリー大本」の番号に置き換える
8.「スキルツリー大本」のメモ欄に「<Set Sts Data>skill: y </Set Sts Data>」と書く
9.yを「親スキル」の番号に置き換える
10.スキルツリーシステムのプラグインの編集画面を開き、必須設定となっている「Skill Tree Id」に「武器タイプ」の「スキルツリー」番号を設定する

これで基本的な設定は終わりです。
ゲームを起動すれば、スキルツリーが動いていることがわかるでしょう。
子スキルやスキルツリーのデザイン方法などは掲示板でご確認ください。
詳しい説明が載っていますよ(僕も今日導入したばっかりなので、まだデザイン方法よくわかってないんですがw)。

他のファイルは何やねん

掲示板では現在「FTKR_SkillTreeSystem.js」の他に「FTKR_SkillTreeSystem_help.js」と「FTKR_STS_CustomWindow.js」が公開されています。
「FTKR_SkillTreeSystem_help.js」は文字通りヘルプファイルです。
実際に導入するときはこのヘルプファイルを見ながら設定をいじることになります。
動作には全く関係ありませんが、ヘルプなしで導入するのは難しいので必ずダウンロードしておきましょう。
「FTKR_STS_CustomWindow.js」はスキルツリーシステムのデザインを変更する際に使うプラグインです。
デフォルトのデザインのままで問題ないなら不要ですが、デザインを自分好みに変えたいなら導入しましょう。

お前なんで急にプラグイン紹介しとんねん

本日のお昼頃、スキルツリーシステムでバグっぽいのを見つけて報告したのですが、やっぱりそれはバグでした。
で、バグの修正はもちろんのこと、僕がついでに「こんな機能ないですかあ」と書いていた機能もすぐにつけてくれたのですね。
バグ修正はさておき(わりと致命的なバグでしたのでw)、こんなに早く機能追加をしてくれるとは思いませんでした。
フトコロさんのファンになりそうです。

フォローする