『C#プログラミング入門』の感想

本日は『C#プログラミング入門』の感想を書きたいと思います。
『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』と同じ著者さんです。

注*正確なタイトル名は『C#プログラミング入門―「オブジェクト指向」の「プログラミング手法」を基礎から解説』です。長いので短縮させています。

前半は簡単、後半は難しい

当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、前半は簡単で、後半は難しいです。
僕レベルでも前半はサクサクと読めましたが、後半は実際にコードを打ちつつゆっくりと進める感じでした。
ちゅーかイベントが未だによくわかりません。

『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』より難しい部分もある

本書は『入門』と題されていますが、あくまでも「C#の入門」であって、プログラミングの入門書ではないです。
前回読んだ『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』よりも難しい部分も多々あります。
というか、説明が少なく、初心者には理解しにくい部分があります
僕は『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』を先に読んでいたのである程度「ふんふん、これは前に読んだあそこの部分のことを言っているんだな」と理解できましたが、たぶん、『C#プログラミング入門』を先に読んでいたら「なにいってだこいつ」状態に陥っていたことでしょう
「じゃあ『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』を先に読めばいいのか?」と聞かれると、これもまた頭を捻らなければなりません。
『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』の方が複雑な内容も扱っているからです。
ということで僕のオススメは、『C#プログラミング入門』の前半(第七章まで。もしくは、難しいと感じる箇所まで)を読んだあと、『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』を通読し、また『C#プログラミング入門』に戻る読み方です。

まあこれは完全に僕の主観なので、「僕は『C#プログラミング入門』だけで完結できるよ」というレベルの方はには必要のない読み方です。
プログラミング歴が一年以上ある方には参考にならないかも。

誤字脱字が多い

内容はとってもGOODです。
非常にわかりやすいですし、明快です。
……が、誤字脱字が非常に多いです。
編集者は仕事してんのか? というレベルで誤字脱字のオンパレードです。
正誤表も公開されていますが、正誤表に載っているもの以外にも誤字脱字はたくさんあります
まあ僕の買ったのは初版のものなので、ある程度は仕方ないのかなあ……。

内容はいい!

誤字脱字はさておき、内容は本当にオススメできます。
僕のようなC#入門者が「C#の機能を一通り知りたい」と思ったときには、間違いなくベストの一冊です。
端的にまとめられていて、あとから振り返るのにも便利です。
気に入ったなら、ついでに『実践で役立つC#プログラミングのイディオム/定石&パターン』も買っちゃいましょう
著者さんのファンになります。たぶん。きっと。知らんけど。僕はなりました。

次回は

新しく本を二冊注文しました。
何の本を注文したのかは内緒ですが(プログラミング関係の本です)、とりあえず次回は『JavaScript本格入門』を再読しようかなーと思っています。
ようやくJavaScriptに戻ってきた感じですね。
ほなまた。

フォローする