人生詰んでるしオススメの本でも紹介してみる

はいどーも人生詰んでるニートです。
本日はツクールMVでゲームを作っているニートの皆様に、おすすめの本を紹介したいと思います。

注*ニートじゃなくても大丈夫です。

何の本紹介すんねん

なんの本紹介すんねんということですが、そらもうプログラミングの本です。
「スクリプトちょこちょこ」いじってるけど、もっと体系的に勉強したいな~なんていうニートの力になれればなと思います。

ちなみにですが、僕はプログラミング歴五ヶ月のゴミカスニートです。
オススメの本を紹介しますが、その点を差っ引いてご自身で判断してください。

入門者はこれ読んどけ!

「プログラムのことなんもわからないですぅ><」とか言いつつ、「実は昔ちょこっとだけやってたんだよねえ~。ツクールでもfor文くらいならわかるぜ!」という方を「入門者」と位置づけます。
本当の全くのド素人の方には少し難しい本が混ざっているかもしれません。

・JavaScript本格入門
はいこれ一冊で完璧です。
文法は実際に使っていれば勝手に覚えると思うので、なにかしらプラグイン作ってればいいんじゃないでしょーか。

・Javaのオブジェクト指向がゼッタイにわかる本!
あ? おめえJavaとJavaScriptは別物だってママに教わらなかったのか?
と思った方はちょっとお待ちください。
確かにこの本ではJavaを用いているのですが、オブジェクト指向について説明している本の中では最も平易なものの一つだと思われます。
ぶっちゃけ、僕もJavaのことなんか全く知りませんが、JavaScript本格入門を読み終えたあとなら問題なく読むことができました
ツクールのコアスクリプトはオブジェクト指向の考え方が取り入れられているので、オブジェクト指向の表面くらいは知っていても損はないと思います。

スクリプトに慣れてきたらこれいっとけ!

・オブジェクト指向でなぜ作るのか
・プログラムはなぜ動くのか
どっちも似たようなタイプの本です。
特定の言語を想定して書かれたものではなく、一般的な話をしてくれています
プログラムを作っていたら「これ、内部でどんなことしてんの?」と疑問に思うことのほとんどを説明してくれているのではないでしょーか。
個人的にはガベージコレクションを含むメモリ関連が目からうろこでした。

・リーダブルコード
読みやすいコードって大事ですよね。
なにが読みやすいのか、どのように読みやすいコードを書けばいいのかを、実際の例を取り入れながら説明してくれています。
「どんな風に書くのがいいのかなあ」と悩んでいる方は、きっとこの本が疑問を解消してくれるでしょう。
僕もそのうち、もう一度この本を読みたいなあと思います。

もっとJavaScript知りたくなったらこれいっとけ!

・開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質
コアスクリプトを真似ていると、「これ、何やってるのかだいたいの意味はわかるけど、内部でなにが起きているんだろう?」と首をひねることもあろうかなとと思います。
ひねり過ぎて首が折れるのを防ぎ、ついでに開眼させてくれるのがこの本。
JavaScriptの深いところを知りたくなったら、この本を読みましょう。薄いので持ち運びにも便利です。
ただしES3が対象となっていて少し古いので、その点だけご注意ください。

ちなみに現在、僕はパーフェクトJavaScriptを読んでいます。
今のところ「開眼だ!」というほどの感動はないのですが、全部読み終えたら感想を書きたいと思います。

フォローする