プログラミング初心者がプラグインを公開するメリット

はいどーもニートです。
本日は技術的な話ではなく、単なる雑記を書こうと思います。
ツクール始めて半年くらい(たぶん)ですが、一体ニートはどのような成長を遂げたのか?
その全貌は記しません。

プログラミング初心者とは

はい僕はプログラミング初心者です。
プログラミングを始めて半年くらいですかね。
ひょっとしたらもうちょっと短いかもしれませんが、まあそんなもんです。
むかーしプログラミングを若干していましたが、今の若い人は学校でプログラミング習うんですよね。
それくらいのレベルの経験だと思ってもらってかまいません(if文とかfor文くらいは知ってるレベル)。
そんな僕が毎日飽きもせずプラグインを作って、どの程度できるようになったのか?
そんな話はどうでもよろしい。
ツクールMVユーザーでかつプログラミング初心者の人がプラグインを公開するメリットを書いていこうと思います。

プログラミング初心者がプラグインを公開するメリット

プログラミング初心者がプラグインを公開するメリットを、まず端的にまとめておきたいと思います。

・書いたコードが強制的にフルオープン
・プラグインの説明を書く必要がある
・プログラミング上級者がアドバイスをくれる
・JavaScriptは最近人気らしいので、覚えておいても損はない

一つ一つ見ていきましょう。

書いたコードが強制的にフルオープン

プラグインを公開するということは、自作したJavaScriptのファイルを配布するということです。
それすなわちコード丸見えを意味します。
「そんなのデメリットだよ」と思う方もいるかもしれませんが(ゲームを配布する時点でのコード丸見えは僕もどうかと思っていますが)、プラグインを配布する側ならばメリットになります。
つまり、プログラミング初心者でも他人の目を意識した綺麗なプログラムを書こうと心がけます
もちろん、プロのプログラマから見て本当の綺麗なプログラムになっているとは限りません
心構えの話です。
他人に覗かれるコードを「めちゃくちゃのぐちゃぐちゃのままで公開してやるぜ!」なんて人はいないでしょう(結果としてそうなる場合はあるとしても)。

プラグインの説明を書く必要がある

プラグインを公開するとき、普通はプラグインの説明も書きます。
僕は英語の練習も兼ねて日英両方で説明を書いていますが、今そんなことはどうでもよろしい
プラグインの説明を書くという行為は、自分の作ったものを正確に把握していなければできません
すなわち、自作したプラグインの構造をきちんと振り返る過程が生まれるのです。
曖昧な説明しかできなければ、自分の作ったプラグインを十全に把握していないか、そもそもプログラムの挙動が曖昧かバグがあるかでしょう。
何の考えもなしに肥大化させたコードを書かないためにも、「このプラグインは何をどうするものなのか」を説明する意味はあります。
利用者がごく限定的であると予想できる場合でも、僕はきちんとした説明を書くことを心がけていますよ。

プログラミング上級者がアドバイスをくれる

ツクール界隈に限った話ではないですが、プログラミング上級者の方というのはどんな分野にもいるものです。
何をするにしろ最近はコンピューター必須ですからね。
そんなプログラミング上級者もとい本職のプログラマの方たちですが、比較的気難しい方が多い印象を受けます
よりハッキリと言えば、喋っている内容は正しいのに上から目線だったり攻撃的だったりで反感を買ってしまう方々のことですね。
いやほんと、技術があるのにもったいない。
まあ別にそれはどーでもいいのですが、ツクール界隈には以上のようなコミュニケーションが苦手なプログラマ人口がわりと少ないように思います。
もちろん聞いてもないウンチクを勝手に語りだしてマウンティングを取ろうとしてくる自発的に優しくアドバイスをしてくれる方も少なからずいますが、これは逆に言えば質問をすれば何らかの回答が返ってくる率が高いということでもあります
この環境を活かさない手はないでしょう。
特にプラグインを公開した場合、コードはフルオープンですから「ここの部分でバグ出ますよ」と教えてくれる方もいます。
いやほんと助かりますねえ。

JavaScriptは最近人気らしいので、覚えておいても損はない

JavaScriptは最近めちゃくちゃ人気みたいですね。
僕がネットを離れる前(10年くらい前)は「クソ言語」みたいに言われていた記憶があるのですが、今ではすっかりウェブの立役者の顔をしています。
ツクールMVのプラグインもJavaScriptを使って作られています。
そんなJavaScriptを楽しんで覚えられるなら、プラグインを作らない手はないなあと思いました。
実際のところは色々なライブラリを使って開発することが多いようで、生のJavaScriptを触る機会というのは少ないのかな? と思いましたが、根本を知ることはやっぱり損になりません。
なんでも基礎は大事ですからね。
JavaScriptとは関係ないですが、基礎を固めた上で、理論と実践を半々で進めることが大事だと僕は常々思っています。
あ、ほんとに関係ないんでこの辺で。

プログラミング初心者がプラグインを公開するデメリット

メリットばかり書いてもあれなんで、デメリットも書いてみます。
まずは簡単にまとめます。

・プラグイン制作は就活でのアピールにならない
・人を人と思わない奴らに絡まれる
・C#の勉強がしたいです……。

センセーショナルなデメリットが多いですが、何のことはありません。
一つ一つ見ていきましょう。

プラグイン制作は就活でのアピールにならない

まことしやかに囁かれている噂の一つに、「ツクールはプログラミングができない人が使うもの」というものがあります。
いやこれ嘘です。
確かにプログラミングできない人も使いますが、「趣味のゲーム作りで基幹システムとかを一から作るのが面倒だしツクールでいいや」と思う本職の方もいるでしょう。
実際、プラグイン制作者を眺めてみてください。
明らかに本職と思われる方が何人もいらっしゃいます。
プラグインを公開していない本職の方を含めれば、もう言わずもがな。
そんなツクール君ですが、以前TwitterのTLで「プラグイン制作は就活でのアピールにならない」と流れてきました。
そのときは「なにくそこの俺をディスってるのか! 仕事よこせや死ねや!」と憤慨したものですが、よくよく考えればなるほど彼の意見も一理あります。
ツクールのプラグインを作れることはJavaScriptがある程度できることの指標にはなると思うのですが、最近流行りのjQueryやらAngularやらReactやらが使えるとは限りませんもんね(あ、僕もこれらのこと全然知りません)。
というわけで、僕のようなニートが就職のことを考えたとき、ツクールMVでプログラミングを勉強するよりも、さっさとAngularやらなんやら覚えたほうがいいかもしれません。
いやほんと、何が仕事に繋がるとかの事情は全く知りませんけどね。
あと、僕はツクールだからこそプログラミングが続けられたというのは大いにあると思っていますよ。

人を人と思わない奴らに絡まれる

プラグイン制作者だって……人間なんだ!
と言いたくなるような事案に僕は何度か遭遇しています。
その事案を一つずつここで書く気はありませんが、一番ひどかった人だけ挙げておくと「プロのプログラマでも無料でもっといいもの公開してるんだから、ド素人のお前が金をもらうのはおこがましい。無料で俺の欲しいものを作れ」と言い放った人でしょう。
もちろん嫌です。自分で作ってください。
僕はなぜか上から目線で絡まれることが多いわけですが(おそらくニートアピールをしているためだと思いますが)、これにはほんと呆れました。
この他にも類似の事案が数回あったため、僕はもう依頼を受け付けないことにしています
作りたいものだけ作ります。そっちの方が精神衛生上よろしいです。
まあ、何度かツイッターで絡んでる人とかの依頼(要は僕と気が合う人)なら受けるかもしれませんが。
ちゅーか、半年やって仕事にありつけてないので(依頼者からお金を貰ったことはありますが)、先にも書いたように「プラグイン制作は就活でのアピールにならない」のでしょう。
別の方向を模索したいなと思っています。

C#の勉強がしたいです……

完全に個人的な話になりますが、知れば知るほどJavaScriptの言語仕様がいまいち好きになれません。
特にC#と比較すると、どうにもがっかりな感が否めないのです。
というわけで、特別Unityが使いたいというわけではないのですが、C#の勉強をしたいなあと思っています。
しかしプラグインを作成するにはそれなりの時間がかかるので(僕の場合短くても3時間くらい。長いやつは100時間くらいかかってる)、C#の勉強をする時間がなかなか取れません。
これは死活問題ですよ。
いや別に死活問題でもないか。

というわけで、C#でならなんか仕事ないかなあとか思いつつ、適当にしめます。
お疲れさまでした。

フォローする