わかばちゃんと学ぶGit使い方入門

本日、GitHubの登録をしてみました。
GitHubを使うにはGitの使い方を覚えなければならんというわけで、とても簡単そうな『わかばちゃんと学ぶgit使い方入門』という本を購入しました。
その感想記事です。

マンガがわかりやすいっ!

わかばちゃんと学ぶ~は「マンガ+詳しい解説」の形式で進みます。
最近はこういう形式の本も増えていますよね。
僕はGitのギの字も知らないド初心者でしたから、初学者向けの本があることは大変助かります。
CUIに抵抗があるわけではありませんが、小難しい用語を連発されるとどうも腰が引けてしまいますからね。

で、実際読んでみたところ、「わかばちゃんが何かを疑問に思う→先輩とかが解説してくれる」という定形で話が進みます。
これはよいですね。
実際に僕が「あれ? これどうすんだ?」と思ったことを、わかばちゃんが数ページあとで悩んでいたりして非常に親近感を覚えました。

また、マンガだけではなく図(や画面のキャプチャ)が豊富なので、操作につまずくこともないでしょう。

本に書いてある通りに進めるだけでGitHubが使える

本に書いてある通りに進めるだけでGitHubが使えるようになります。
僕が本日公開したリポジトリも、この本に書かれている範囲のことしかしていません。
いやあこれから楽しみですねえ!

なおBitbucketは興味がないのでやってません。

SourceTree以外にも興味が出た

Gitは色々なソフトウェアで扱えるようで、SourceTree以外でもプッシュできるそうです。
僕もそのうちCUI形式のものを使ってみたいなーと思っていますが、まずは慣れることを第一にこのままSourceTreeを使用し続けようと思います。

著者さんが綺麗

最後のページに著者近影がついていました。
すごい綺麗な方ですね。
しかし僕とあまり年齢が変わらないのに、こんな本まで出せるだなんて……。
ニートの心をぐさりとエグリました。
眩しすぎるので、これからはカバーを外して読もうと思います。

フォローする