GitHub実践入門の感想

はいどーもこんにちはニートです。
みなさんGitHubってますか?
僕は全然活用できていません。
というわけで本日は『GitHub実践入門』を読んでみたので、その感想をば。

Git自体の初心者は別の本から

この本は「GitHub」の入門書です。
Git自体の解説も軽くしてくれていますが、それでもGitについてはある程度知っておいたほうがよいと思います。
僕は『わかばちゃんと学ぶGit使い方入門』でGitの基本的な用語(PullとかPushとか)を学習しておいたので、本文の内容もサクサクと読めました。

内容は平易

『実践入門』というタイトルから難解な内容を想像するかもしれませんが、GitHub初心者の僕でも特に詰まることなく読み進められました
つまりGit自体について知っていれば、ただ新しい発見があるだけで特に難しい内容はないです。

GitHub入門者が未知の機能を知るにはいい

『わかばちゃんと学ぶGit使い方入門』のおかげでGitに目覚めた僕ですが、『GitHub実践入門』のおかげで今度はGitHubに目覚めそうです。
もちろん『わかばちゃん』の方でもGitHubについては軽く触れられているのですが、やはり『GitHub実践入門』に比べると表層的な部分のみなので(初心者向けなのでこれはこれでアリだと思っています)、より深くGitHubの使い方を知りたいなら『GitHub実践入門』がよいでしょう。
「公式サイトの説明ぜんぶ英語だし、日本語でなんかまとめてくれてねーかなー」なんて人にはぴったりです。
IssuesやWikiなんかの便利な使い方が掲載されていますよ。

使いこなしたい人にはどうか?

すでにGitHubでバリバリに開発している人も、開発フローやGitHub Enterpriseの紹介は参考になる部分もあるのではないかなと思いました。
が、タイトルにもある通り『入門』ですから、ベテランGitHubユーザーはあまり過度な期待をしないほうがよいです。
おそらく退屈な記述の方が多いでしょう。

全体として

僕もこれからGitHubをガンガン使っていきたいと思います。
こんなに便利なサイトが無料で使えちゃうなんてすごい世の中がきたものです。

フォローする