マッチ箱の脳の感想

はいどーもこんにちは。
仕事で忙しくなる前に、なるべく勉強しておきたい無職です。

本日は『マッチ箱の脳』の感想記事を書いていきたいと思いますよ。
あ、AI関連の本ですこれ。

AIの知識ゼロでも楽しめる

この本はAIの知識ゼロでも楽しんで読むことができます。
ややこしい数式は一切でてきませんし(数式が出るのはカオスを説明するところだけだし、その数式も中学生レベルの知識で十分理解できる)、AIの初歩の初歩から丁寧に説明してくれているので、僕のようなAI初学者でも詰まることなく読み進められました。
「AIってなんやねん」って方には最適な本ではないでしょーか。

プログラミング知識ゼロでも楽しめる

これも重要なことだと思うのですが、本書はプログラミングの知識ゼロで理解できるように書かれています。
つまり実際のコードは一切出てきません。
AI作成を体験してほしいと思われるところでは、マッチ箱とマッチ棒を使ってAIを作成します。
つまりAI作成の考え方を伝えようとしているわけですね。

考え方がわかれば、実際のプログラム開発にも当然応用できます。
僕も「AIを作ってみたい」という記事でプログラムに書き起こしました。
つまりノンプログラマにもプログラマにもオススメできる本となっています。

AI作成に興味が持てた

最近プログラミングを教えてもらっている方にこの本をオススメされたのですが、最初は「AIだぁ? この数学知識ゼロのおいどんにAIなんぞ理解できると本気で考えとるんか? 無理ムリw」とか思っていました。
ですがこの本は本当にわかりやすい上に、すぐにでもゲームに応用できそうなことが盛り沢山です(と言ってもゲームの話題は全体の3分の1くらいだと思いますが)。
この本を皮切りにして、AIについての他の本も読んでみたくなりましたよ。

他にどんなAIを作るか

AIを作ってみたい」で作ったのは遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワークのAIです。
他には「プログラムを作るAI」と「自分で自分を評価するAI」を試しに作ってみたいなあと考えています。
「プログラムを作るAI」はデザインパターンのコマンドやステートが使えそうですね。
「自分で自分を評価するAI」はツクールを使って何か作成してみようかなと思っています。

終わりに

正直なところ、AI作成がここまで面白いとは全く予想もしていませんでした。
「勧められたし、ちょっと読んどくか~」くらいの軽い気持ちだったんですよw
でも本当に面白い本だったので、みなさんもぜひ読んでみてください。

ほなそんな感じでまた。

フォローする