ゲームプランナーのチーム運営例の感想

はいどーもこんにちは、ゲームプランナーとか全く興味がないけど、間違って本書を購入したニートです。
買ったからには読まなきゃ損というわけで、一通り目を通してみました。

意外とよかった

ゲームプランナーどころかゲーム業界のことについてすら全く知らないのでピンと来ない話も多かったのですが、わりと面白かったですw
小説形式で進むので、人によっては苦手かもしれないかなーと思いましたが、個人的にはよかったです。

内容はこんな感じ

・プランナーの先輩がうつ気味で退社
・別の会社のプランナーさんにコツを聞く
・それを主人公が実践
・先輩は別の会社で復活

まあ大まかな流れはともかく「ゲーム開発の現場ってこんなんなんだなーw」とかいうのを感じることはできました。
買ってよかったと思います。

プランナー以外でも読める

この本は主に現役のプランナー向けに書かれているのだと思いますが、ゲーム業界にちょっとでも興味のある学生さんとかでも楽しんで読み通すことができます。
また、現役のゲームプログラマやデザイナーの方も「プランナーって普段こういうこと考えとるんか」的な感じで参考になるんじゃないでしょーか。いや知らんけど。

チーム開発として

仕事としてゲーム開発をおこなっていない個人のゲームクリエイターでも、いざ「誰かと少し組む必要があるな」と感じたとき、この本の内容を思い出すといい感じの指針として使えるんじゃないでしょーか。
僕も趣味の開発で誰かと組むことがあれば『ゲームプランナーのチーム運営例』のやり方をちょくちょく真似してみようかなーとか思いました。
いや僕がこういう運営をやるかどうかも謎ですがw

おわりに

間違って購入した割には、かなり勉強になりました。
最近は軽めの本ばかり読んでいるので、ここらで少し重めの本もいっとこうかなあ……。
それともデザインパターンの本の再読がいいでしょうかね。

悩み中ですw

ほなそんな感じでまた。

フォローする