『人工知能の作り方』の感想

どうもこんにちは人工知能並の記憶力がほしいツミオです。
本日は『人工知能の作り方』の感想を書いていきたいと思います。
サブタイトルは「「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか」です。

想定読者

この本は人工知能全般について扱っており、特定の領域の専門書というわけではありません。
想定している読者も専門家ではなく、僕のようなAIのことを何もしらない一般人です。
また、プログラミングができる必要も一切ありません(できたほうが理解しやすい部分はあるかと思いますが)。
「人工知能について興味があるが、どこから手を付けたらいいかわからない人」を想定した最新AIの案内書かなと思います。

どんな本か

先ほども書いた通り、『人工知能の作り方』は人工知能の話題全般を取り扱っています。
タイトルは『人工知能の作り方』となっていますが、個々のAIの詳しい作り方には触れず、現在のゲーム制作の現場ではこんなAIが使われていますよ、こんな風にAIは考えていますよ、という紹介が主となっています。
浅く広く人工知能の概観を抑えたい、という方にはピッタリじゃないかなと思います。

逆に「特定の人工知能の作り方を狭く深く知りたい。コードで示してほしい」という方にはあんまり向いてない本かなと思います。
もちろんこの本を読んだだけでスラスラAIを組み立てられる人がいないとは言いませんが、実際にAIを作りたいなら、まだ『マッチ箱の脳』の方が実践的かなと思いました。

ゲームで使われている今の人工知能が知れる

実際にプログラムを組むときは別の本を参考にしなければならないでしょうが、僕的にはこの本はいい感じでした。
ゲーム業界で使われている今の人工知能を知りたかったので「へー、こんな風にして作られてるんだ」という役目は十二分に果たしてくれています。
また、この本はあくまでもゲームの人工知能の話を取り扱っている本ですから、当然ゲーム特有のAIについても触れられています。
ゲームを作る側じゃなくても楽しめるんじゃないかなーと思いました。

終わりに

昨今のゲームはAIが必須である、ということがよくわかりました。
個人の開発者レベルで複雑なAIを実装するのは難しいかもしれませんが、僕もゲームを作る時には何かしらAIを組み込んでみたいなーと思えました。

ほなそんな感じでまた。

フォローする