『わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス』の感想

はいどーもGoogleアナリティクスを使いこなして金持ちになりたいヒモ希望の男です。
本日は『わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス』の感想記事を書いていきたいと思います。
タイトルから何となく想像がつくかもしれませんが、以前に読んだ『わかばちゃんと学ぶGit使い方入門』と同じ著者さんですよ。

この本を購入した目的

最初に書いておくと、僕はウェブサイトのアクセス向上を~SEO対策を~とかは全く興味がありません。
「じゃあなんでGoogleアナリティクスの本を買ってんだよ」と思うかもしれませんが、実はGoogleアナリティクスってUnityでも使えるんですよね。
僕の参加しているプロジェクトでも使おうか使うまいかみたいな感じの話がありました(結局どうなったのかは謎)。
話を聞いた感じでは有用そうなので、覚えておいても損はないだろうなーと思ったので本書の購入を決めた感じです。

ちゅーわけで「GoogleアナリティクスをUnityで使いたいけど、そもそもの使い方を知らないから基本をちゃちゃっと勉強したい」という目的で購入しました。
Gitの参考書がめちゃんこわかりやすかったので、安心して購入できましたよ。

ちなみにUnityでは例えば以下のような情報を取得する目的に使う予定です。

・広告を表示したときの日付と時間
・広告がタップされときの日付と時間
・各シーンにおける滞在時間

プログラマでも読む価値がある

本書はノンプログラマ向けの本ですが、プログラマでも読む価値は十分にあります。
特に前半部分の話は色々と思うところがある人も多いんじゃないでしょーか(僕の参加しているプロジェクトでも話されていたことでした)。
企画側の意図を何度も話していたのは、戦略を共有したいからなんだなあと今さらながらに理解できましたw
当時の僕は「ぼかぁ言われもん組むだけやん」と思っていたので、ちょっぴり反省しましたよ。

ツールの紹介が多い

本書のタイトルの通りGoogleアナリティクスの話が中心ですが、その他の関連ツールについても色々と紹介されています。
先にも書いた通り僕の目的はUnityで情報を収集することなので、ぶっちゃけこの辺の情報は不要だったのですが、通常の想定読者であるウェブサイトの制作者さんたちには嬉しいんじゃないでしょーか知らんけど。

実践的な内容も多い

Googleアナリティクスの使い方だけではなく「Googleアナリティクスから得られる情報を使って何をするか?」ということにも多分に触れられています。
例えば「都合のいいフィルターをかけて、数字に踊らされるな」や「ここの数字から、こういう方向の改善が考えられる」などが書かれています。
何かしら自分でものを作って売るとなると、この辺の情報も役立ちそうだなあと思いました。
でもまあこういう話は「知ってるからいらん!」って人も多そうな気がします(つまりGoogleアナリティクスの使い方をもっと説明してくれということ)。
僕なんかは経営というかお金の稼ぎ方みたいなものに全く興味がなかったので、斬新で面白かったですがw
そのうち何か役立てたいですねえ。

注意点

本書を読み進めるにあたって、一点だけ注意点があります。
Googleアナリティクスを自分のサイトなりブログなりに導入した際、データを取得するのにそれなりにの時間がかかるようです。
少なくとも、本書の内容をうまく実行するには一週間くらいはデータを取得させておいた方がいいんじゃないかなーと思いました。
というわけで、自分のブログなりサイトなりを持っている人は導入部分までサクッとやっておいて、一週間分のデータが出揃う休みの日あたりで残りを一気に読むのがいいんじゃないでしょーか。
最初の設定さえ終わらせておけばサクサク進むので、一日もあれば十分読破できると思いますよ。

ちなみに僕もデータが揃ってなくてあんまり上手く試せなかった部分があるので、そのうち再読したいと思います(たぶんきっと)。

おわりに

『わかばちゃんと学ぶGit使い方入門』ほどの興奮はありませんでしたが、ぼちぼちええ感じにGoogleアナリティクスの使い方がわかってきました。
少なくとも十分にUnityで応用できそうです。
ちゅーわけでボチボチ導入していこうと思います。
日本語の文献が少ないっぽいので、そのうち導入しました記事も書くかも(うまくできたらですが)。

あ、そういや111ページの「もう一つのツッコミどころ」の答えってなんなんですかね……。

ほなそんな感じでまた。

フォローする