再読『コーディングを支える技術』

はいどーもニートのみなさん、僕はニートですこんばんは。
『コーディングを支える技術』を再読したので、本日はその感想記事を書こうと思いますよ。
ちなみに前回の感想記事は半年以上前に書いてますね。
もうそんなに経つんですねえ……。

再読はしようと思っていた

この本のあとがきに以下の文章が書かれています。
「興味は学びの効果を高めます。興味のおもむくまま、深く掘り下げるとよいでしょう。詳細で具体的な知識を学んだうえで、またおおまかな全体像に戻れば、前よりももっとよくわかるようになっているでしょう」
僕はまさにこの半年間、興味のおもむくままにプログラミングの学習を続けてきました。
ツクールMV・Unity・デザインパターン・Adaptive Code……などなど。
そして今回、おおまかな全体像に戻ってきたわけですね。

詰まる部分はほぼなかった

前回は本文を読みつつ、わからない用語や概念が出てきたときはググりながら読んでいました。
しかし今回は特に詰まることなく、ほぼ全ての用語と概念をスラスラと理解できました。
これは大いなる進歩かなと思います。
特に最後の方の依存性の注入やらインターフェイスやらの項目は、Adaptive Codeで記憶に新しいですね。

前回感動した箇所は

以前の感想記事で「再帰呼び出しの項目がわかりやすかった」と書いています。
この印象は今回も変わりませんでしたが、その他の項目についても、再帰呼び出しと同じくらい噛み砕いて説明してくれていることがよくわかりました。
やはりオススメできる本ですね。
プログラミングを始めて半年目~一年目の方は読んで損はないと思います。

おわりに

すぐに役立つ知識を得られたわけではありませんでしたが、自分の成長を実感できたので、再読してよかったと思います。
他にも再読しようと思っている本がいくつかあるので、ちまちま読んでいきたいと思いますよ。
ほなそんな感じでまた。

フォローする