Altseedを触ってみた

はいどーもこんばんは、ニートの希望の星ニートです。
本日はAltseedなるものを触ってみたので、その感想を書いていこうと思います。
ただ触ってまだ一日目なので、間違っている部分も多々あるかと思います。
そのへんを考慮して読んでちょーだい。

Altseedってなんぞ

Altseedとはズバリ、ゲームエンジンのことです。
DXライブラリみたいなもんですね。

ちなみに僕が主に使っているゲームエンジンはUnityです(Unityってゲームエンジンと一括りにしていいんですかね……)が、他にもManaged DirectXで作ってみたり、ツクールMV(中身のライブラリはなんか色々ごっちゃごちゃですが)で作ったりしたことがあります。
あとは少しだけDXライブラリを触ったり、XNAをいじったこともあります(ほんとに少しだけですが)。

特色は何か

DXライブラリはかなり細かい部分まで自分で色々と作らないといけない印象なのですが、Altseedは例えば当たり判定やシーン遷移機能をデフォルトで備えています。
つまり面倒な計算部分や、ゲームに共通する基盤的な処理をもともと備えているのですね。
また、画像の読み込み等もかなり直感的にできるんじゃないかなーと思いました。
言語もC#とC++とJavaに対応してるっぽいです。
僕はC#で書いてます。
UnityおよびAltseedに依存しない基盤コードなんかは使い回せますね。

Unityとはちょっと違う

当たり前かもしれませんが、Altseedは明らかにプログラマを対象に作られています。
Unityはプログラマでなくてもギリギリ扱えるかもしれませんが(アセットも豊富ですし)、Altseedは基本的に全てコードを書く必要があるので、プログラマ以外が利用しようとするとかなり苦労するのではないかなと思いました。

チュートリアルは親切

Altseedのチュートリアルとして、シューティングゲームの作り方が公開されています。
わりと本格的なゲームでかつ、プログラミング初心者にもわかりやすく書いてくれているので、これは親切だなあと思いました。
僕も斜め読みして、Altseedでどんなことができるのかザッと眺めてみましたよ。

実際にゲームを制作してみる

興味が出てきたので、実際にゲームを制作してみることにしました。
と言っても、ごく単純なマインスイーパーです。
用意するのが面倒で、画像も使っていませんw
ちょっとまだ慣れていない部分もあるのでぎこちないですが、明日か明後日あたりには完成できるんじゃないかなあと思っています。

終わりに

Unityもいいんですが、Altseedみたいにコードでガリゴリ書くタイプのゲームエンジンも色々と勉強になっていいですよね。
僕なんかはゲームエンジンが裏でやってくれていることをほとんど知らないので、もっと深いところを知りたいなら、Altseedのコアスクリプトを読んで勉強するのもアリなのかなあ、なんて思っています。
まあ読めるかどうか知りませんけど……。

あ、マインスイーパーは完成したらコードとゲームを公開したいと思っています。
ほなそんな感じでまた。

フォローする