ツクールMVでプラグインが動かないときに確認すべきポイント4選

はいどーもこんにちは、ここ一ヶ月の間、僕の周りで「プラグインが動かない」という相談が数件ありました。
その経験を踏まえ、今回は「ツクールMVのプラグインを導入したが、どうもエラーが出てうまく動かない。設定は問題ないはずなのに……」というときにチェックすべき項目を書いてみようと思います。

前提

チェックするプラグインの前提としては

・ユーザー側でプラグインの中身を書き換えていない
・プラグインとしての導入は完了している
・他のプラグインは導入していない(競合と区別するため)

の3つです。

エラーのタイプには

・プラグインを導入すると画面によくわからんエラーが出てゲームが止まる
・そもそもプラグインが動いてるように思えない

の2種類があるかと思いますが、いずれでも有効な確認方法かなと思います。

プラグインパラメータを確認する

確認すべきポイントその1はプラグインパラメータです。
プラグインによっては、パラメータには必ず何らかの値が設定されていることを前提として書かれているのに、デフォルト値が設定されていないものがあります。
なので、導入後、まずはプラグインパラメータが全て埋まっているかどうかを確認してみてください。
埋まっていて、値も問題がなさそうな場合は次に進みます。

プラグインのファイル名を確認する

確認すべきポイントその2はプラグインのファイル名です。
プラグインのファイル名はプラグイン内で使用するケースが多いため、これを変更してしまうとエラーが発生します。
したがって、プラグイン作者が公開している状態のままのファイル名を利用しているかどうかを確認してください。
「そんなはずはない」と思っていても、なぜかプラグインのDL時に半角スペースが紛れ込んでいたケースも実際に二回ありました。

対応しているコアスクリプトのバージョンを確認する

確認すべきポイントその3はコアスクリプトのバージョンです。
プラグインによっては、比較的新しいJavaScriptの記法を使用しています。
この「比較的新しいJavaScriptの記法」はコアスクリプト1.6.1以降でないと利用できません(1.6.0だったかも)。
したがって、プロジェクトのコアスクリプトが1.5.x系列か、それより古い場合でかつ、プラグインが「比較的新しいJavaScriptの記法」を利用している場合はプログラムが動かなくなります。
そのプラグインが「比較的新しいJavaScriptの記法」を利用しているのかどうかを確認するのは大変なので、1.5.x系列のプロジェクトでゲームを作っている方は、最新のコアスクリプトを使ったテスト用プロジェクトを作っておくのがよいと思います。
プラグインが動かなかった場合、テスト用プロジェクトでは動くのかどうかをチェックするわけですね。
あるいは特に問題がなければ、製作中のプロジェクトを最新のコアスクリプトに更新しておきます。

特殊なケースもご紹介します。
以前Android向けゲームプロジェクトのプラグインを開発していたとき「導入しているコアスクリプトは最新だし、ローカル環境では正常に動作するが、Android用にデプロイした場合、機種によってはプラグインが動かない」ということがありました。
こちらも「比較的新しいJavaScriptの記法」を利用している場合に発生するようでした。

コンソール画面を確認する

確認すべきポイントその4はコンソール画面です。
プラグインパラメータのチェックも完了していて、ファイル名も問題ないはずで、コアスクリプトも最新……。
それでもエラーが出ている(あるいはプラグインが動いてるように思えない)場合はコンソール画面をチェックします(F12キーを押してConsoleタブを表示する。詳細なやり方はググれば色々出てくると思います)。
エラーがはっきりと画面に出てゲームが止まるケースなら、プラグインの制作者に「コンソール画面」のスクリーンショットを添付して送ってください。

注*ただし必ずしもプラグイン制作者が対応してくれるとは限りませんので、そこだけご注意ください。

エラーが画面に出ておらず、プラグインがそもそも動いていない場合はコンソール画面の上の方までスクロールしてみてください。
Syntax errorどうこう出ている場合、そもそもプラグインは動いていません。
やはりプラグインの制作者に報告するのがよいと思われます。

終わりに

いかがでしたでしょーか。
僕が遭遇したケースで最も多かったのは「プラグインのファイル名を変えていたことによるエラー」なので、まずはこちらを確認してみるとよいのかなーと思いました。

ほなそんな感じでまた。
お仕事も募集中です。

フォローする