有償プラグインご依頼の流れと注意点【ツクールMV】

はいどーもこんにちはプラグイン制作者かもしれない無職です。
本日はツクールMVの有償プラグインご依頼の流れと注意点を紹介していきます。
今回はプラグイン制作者の視点ではなく、主に依頼者側の視点に立っています。
特に注意点は見ておいた方が、後々トラブルになりにくいんじゃないかなーと思います。

簡単な流れ

まずは簡単な流れを見ていきます。

1.制作者(例えば僕)にツイッターのDM等で連絡を取る
2.依頼を受け付けているかどうかを確認する
3.OKなら依頼内容を送信する
4.依頼内容でOKが出て、金額にも納得がいけば完成するのを待つ
5.完成したものを送ってもらい、動作確認
6.問題ながなければ指定の金額を送金する

以上です。
これらを詳しく見ていきます。

制作者に連絡を取る

これは制作者によって連絡を取れる手段が異なりますが、プラグイン制作者さんでTwitterをやっていない人のほうが少数派な気がするので、まあTwitterのDMでよいのではないでしょうか。
ここは特に難しいことはないですね。

依頼を受け付けているかどうかを確認する

プラグイン制作者さんによっては有償の依頼を断っている場合があります。
理由は様々ですが、有償の依頼を受けていない場合は諦めましょう。
で、その方が有償の依頼を受けている場合、「現在制作を受けているのかどうか」を確認する必要があります。
プラグイン制作にはある程度の時間がかかるため、その制作者が既にいくつかの依頼を引き受けていた場合、例えば「一ヶ月後からなら制作開始可能」などのお返事があるかもしれません。
「制作開始可能」ということは、当然完成はもっと遅くなります。それでは遅すぎる場合、その方に依頼するのは諦めましょう。

OKなら依頼内容を送信する

お互いの同意が取れたところで、依頼内容を送ります(その制作者が依頼を受けているということがはっきり分かる場合、いきなり「こんなの作ってほしいんですけど」と送るのもありかもしれません)。
その依頼内容を制作者がチェックし、不明点があれば「ここはどうなっていますか」などと質問が返ってくるはずです。
お互い不幸にならないためにも、不明点の質問にはきちんと答えてください。
適当に答えてしまうと「プラグインは完成したが、思っていたのと全然違う」ことになりますし、制作者側としても「言われた通りに作ったのだからリテイクは別料金だ」となるかもしれません。
僕の場合は3回ほど質問をして、それでも回答が判然としない場合「このままでは依頼を引き受けることはできません」とはっきり伝えるようにしています。
トラブルを未然に防ぐためにも、依頼内容は正確に伝えるようにすることをオススメします。

補足:依頼内容の伝え方

僕が依頼内容の伝え方で最もわかりやすかったのは、仮画像を用意し、Googleのスプレッドシートで状態遷移など全て描いてくれていたものです。
ただここまでしなくても「完成形」の画像と、それにちょっとした説明を書いてくれているだけでも非常に助かります。
文字での伝え方がよくわからなければ、とりあえず画像を用意するのをオススメします。
もちろん依頼内容によっては画像の書きようがない場合もあると思いますので、その場合は文字でなんとかがんばってもらうしかないですが……。

依頼内容でOKが出て、金額にも納得がいけば完成するのを待つ

依頼内容に問題がなければ、おそらく制作者側から「○○円くらいです」という連絡が来るはずです。
その値段に納得がいけば契約成立です。
もし納得がいかなければ、交渉あるいは依頼の取り消しをする必要があるでしょう。
値下げ交渉するなら機能もオミットする必要があると思うので、まあ依頼の取り消しがベターじゃないでしょうか(実際僕も依頼の取り消しは数件ありましたが、値下げ交渉してきた方は1人だけでした)。
で、金額に同意が取れたなら、あとは完成するのを待つだけです。
料金の先払いか後払いかは制作者によるでしょうが、僕は基本的に後払いにしてもらっています(強い希望がある場合のみ先払いしてもらっています)。
これは万が一完成しなかったときのため(今のところ正式に受けたもので完成しなかったものは一回もありませんが)と、依頼者さんに安心してもらうためです。

補足:金額について

これは僕の場合になるのですが、基本的には高めの値段を伝えるようにしています。
というのも、安めの値段を先に提示しておいて、あとで「やっぱり○○円になります」と訂正するのは僕も負担ですし、依頼者さん側も嫌だろうなと思っているからです。
なので僕が出す金額のマックスは「最悪のケース」で、ほとんどの場合は「最低金額か、それより少し高いくらい」に収まっています。
思ったよりも簡単にできた場合は最低金額以下の値段を最終的に支払ってもらうようにしたこともあります(商売下手だなと言われたらそれまでですがw)。
例えば実際にあったケースですが、依頼者さんが「8万から10万でこの機能を作って欲しい」とおっしゃったものを、結局僕は6万円で制作しました。
あ、あと予算をあらかじめ提示するのはアリだと思います。どう考えても足りないならお断りになりますし、ギリギリいけるかいけないかなら「まあ、なんとか頑張ってみるか」って感じになります(あくまでも僕の場合はですが)。

補足:機能の改修について

プラグインが完成し、振込も済んだあとで「やっぱりここの機能を変えて欲しい」という場合、その「変えて欲しい」ものの規模にもよりますが、これはやはり別料金を取る方が多いかと思います。
もちろん「一瞬でできる作業」くらいなら問題ないのですが、そうでない場合に無償でやるというのはさすがに厳しいです。
あ、バグ取りは無料でやってます。
ただ大規模な依頼の場合、やはりバグが含まれている可能性が非常に高いので、その修正時間も予想した値段をもともと提示することが多いですね。

完成したものを送ってもらい、動作確認

プラグイン制作者から「○日~○日くらいで完成します」という連絡が行くと思います(大規模なプラグインは予想がつきにくいので、結構幅があるかも)。
で、何のトラブルもなく無事完成したなら、さっそく動作確認をします。
このときバグを見つけたり、ちょっとだけ動作を変えて欲しいと思った場合はその旨を制作者に伝えます。
制作者が修正(あるいは機能変更)したものをさらに送ってくるはずなので、それを確認します。
このやり取りを何回かやって完成ということになると、いよいよ振込です。

問題ながなければ指定の金額を送金する

あとは送金するだけです。
どこに振り込むのかは制作者さんによって変わると思うので、指定の場所に振り込めばOKです。
制作者さんから「お振込みの確認ができました。ありがとうございます」などの返事が来るはずなので、それをチェックすれば全て無事に終了となります。

トラブルが発生する場合もある

以上がプラグインご依頼の流れとなります。
ただしお金のやり取りをするわけで、トラブルが発生する場合もあるでしょう。
とは言え幸いにして、僕はプラグイン制作依頼のトラブルは一件も発生していません。
こちらの制作が遅れたことも、依頼者さんからの振込が遅れたこともなく、わりと平和です(トラブルに繋がりそうな曖昧な依頼はそもそも断っていることも大きいかもしれません)。
ですが僕の周りでは数件のトラブルを耳にしています。

制作期日を指定しなかったトラブル

依頼を受けたとき、僕は3日以内に完成できるという確信があるときは特に「何日までに完成すると思います」ということをお伝えしません。
逆に3日以上かかるかもしれない場合は、必ず「○日~○日程度で完成すると思います」お伝えするようにしています。
その指定の期日を過ぎそうな場合は、また伝えるようにしています(と言っても過ぎたことは今まで一回もないんですけど)。
これはこれで特にトラブルは発生していないのですが、僕が見聞きしたトラブルの一つに「制作期日を設けていなかったら、一年近く待ってもプラグインが完成しなかった」というものがありました。
僕の知る限りだけでも、この手のトラブルは複数件発生していたので、依頼者側から「何日くらいで完成できそうですか?」と聞くのがよいでしょう。
そうすれば制作者側は「○日くらいです」と答えるでしょうし、それより大幅に遅れそうならまた連絡もしてくれるはずです。
なお、そのトラブルのあったプラグインのご依頼(複数件)は紆余曲折あり僕が引き継ぎをしまして、それぞれ数日で完成させました。
いやあツミオ君に依頼するのが安心安全ですね!
(ダイレクトマーケティング)

トラブルを避けるための注意点

上述した制作期日のトラブルの根本は、やはり「期日を設けていなかった」すなわち「きっちりと約束をしていなかった」ことが大きいのではないかと想像しています。
きっちりと約束と言うなら、依頼内容そのものも同じです。
依頼内容がぼんやりとしていると、プラグイン制作者側の想像で作らなければならないことが増え、その結果全然違うプラグインが完成し、トラブルが発生することもあるでしょう。
特にプラグイン制作者サイドから「これはどういうことですか?」という質問が来たなら、それは誠実に答えた方がお互い幸せになるんじゃないかなあと思います。
まあ依頼内容がはっきりしない依頼はそもそも断るのが一番の対策だとは思いますけども……(これは依頼者側じゃなくて制作者側の対策になっちゃいますが)。

終わりに

いかがでしたでしょーか。
プラグイン制作の有償依頼しようかしまいか悩んでいる方もいるかと思ったので、ちょっとした記事を書いてみました。
トラブルについても書きましたが、期日を確認し、依頼内容を適切に伝えておけば大丈夫だと思います(というかそれ以外にどういう対策があるのか僕もよくわからない)。

ほなそんな感じでまた。
ご依頼も募集中ですよ。

フォローする